集合住宅のオーナーが活用できる住宅履歴情報のメリット

ビル

住宅履歴情報の蓄積と活用は、マンションやアパートなどのオーナーにとっても重要なリソースとなり得ます。
災害やトラブルの発生を予測したリスクマネジメントは、賃貸住宅経営において重要なポイントです。
災害などで住宅に被害が生じた場合、住宅履歴情報の活用で適切な復旧や補償をスムーズに行うことができます。
また、設備機器に不具合が発生した場合も、住宅履歴情報を活用することで部品や機器の交換を円滑に行うことができます。
設計、施工、維持管理、設備の状況などが記録された住宅履歴情報を管理している住宅ということで、安心して居住できる住まいだとアピールできる威力を持ち始めるため、入居率が高まる期待も見込めるというわけです。


Menu

最新情報